ブログ

  1. 今世のピンクコンパニオン宴会

    ピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)はいつからあったのか!?非常に難しい問題です。温泉コンパニオンはおそらく高度成長期から発展し、その中で特にサービスのいいコンパニオンたちを「スーパーコンパニオン」「ピンクコンパニオン」と呼ぶようになりました。バブル後期でしょうか。

  2. 宴会のタブー・怒りのピンクコンパニオン

    お客様は神様ですがたまに、神様といいたくないお客様もいます。コンパニオンリーダーから怒りの報告書が届きました今日は22時からの遅めの宴会スタートという事でどんなお客様かなと思ったら、20代の若者12名。

  3. ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(5)

    ドライバーの私の場合、コンパニオン宴会が行なわれている時(待機時間)の過ごし方をお教えしましょう。単にボンヤリと時間を潰しているわけではありません。都内の場合は、パーキングに駐車し、そこで待機をします。郊外の場合は、宴会場所がホテルやコテージが多いので、そこの駐車場で待機をします。

  4. ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(4)

    私達ドライバーは、宴会場までコンパニオンをお送りする仕事と、宴会料金を集金する仕事を兼ています。当然車を運転する訳ですから、車の整備には気を使います。1日で、700Kmも移動する事があるからです。エンジンオイルの汚れや量、それにタイヤの空気圧も重要なチェック項目です。

  5. ドライバーこぼれ話(3)東京SMピンクコンパニオン宴会

    これが社会の表と裏。割烹からスカイツリーを眺め新旧江戸旅行。さてさて、すっかり秋は目の前。と思いきや、快速列車が各駅停車の駅を素通りするような、夏の肌を冷やす日が続いている。宴の予約は二週間前にはいった。参加人数が八人、七人、六人と、だんだん減っていった。

  6. ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(2)

    私たちドライバーは関東一円の宴会場に出向きます。通常、宴会は午後7からや午後8時からの開始時間が多くあります。コンパニオンを車に乗せて移動しますので、東京を出発するのは夕方のラッシュ時間帯にぶつかってしまいます。渋滞を抜け、高速道路を走り、目的の宴会場に行きます。

  7. ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(1)

    コンパニオンを宴会場までお連れするドライバーとしてのアレヤコレヤを書きましょう。コンパニオンは関東一円の宴会場まで、私たちドライバーが車を運転してコンパニオンを連れていきます。

  8. 女体盛りにカンパイ!

    花より団子より 酒だ!コンパニオンだ!

    東京都内は桜が満開を迎えましたねお花見もいいけれど花より団子団子よりお酒お酒といえば・・・・・そう、ピンクコンパニオン!重い上着は脱ぎ捨ててついでにもう少し脱ぎ捨ててピンクコンパニオンたちと、春の一夜の夢を見ませんかこれからのさわやかな...

  9. 女体盛りにカンパイ!

    おすそわけ

    貸別荘宴会は人目を気にせず自由奔放に宴会ができるので人気ですが、ホテルや旅館の宴会と違って、自分で食べ物や飲み物を用意しなけらばならないという欠点があります。ほとんどのお客様が途中のスーパーなどでお酒や食材(といっても、できあいのお惣菜や乾きものが多いのですが)を買い込んでこられます。

  10. お酒を持ったピンクコンパニオン

    さようなら2016年・来年も楽しい宴会をお届けします

    昨日は日立市の居酒屋で宴会でした。宴会を終えて、東京に向かって高速を走っている途中、いきなり大きくハンドルをとられました。「風か!?」違います。そう、あの、茨城北部を襲った地震に遭遇してしまったのです。

ページ上部へ戻る